宅配買取のデメリット

月曜日 , 5, 9月 2016 宅配買取のデメリット はコメントを受け付けていません。

宅配買取のデメリットは、ある程度まとまった量でないと受け付けてもらえないことがある点です。買取業者側が送料を負担するため、少ない点数では赤字になることもあるからです。そのため何点以上やダンボール何箱以上といった指定をされることがあります。しかし、物によっては1点からでも買取を行っている業者もあるためサイトなどで調べてみると良いでしょう。

PC操作また、オークションと比べると値段が安く買い取られる可能性があります
少しでも高く売りたい人は、トラブルになるリスクはありますがオークションを利用したほうが良いかもしれません。

宅配買取の場合、業者によっては複数点まとめて送った際に買取金額がまとめて提示される場合があります。
ブランド品や貴金属などの高級品であれば詳細が記載されるものもありますが、本やDVDなど安価な品物では1点1点の単価がわからないことが多く、合計金額しか提示されないこともあります。
そのため提示された金額で了承するか、送料を自己負担して全て返品してもらうかのどちらかになります。

その他、各買取業者によって商品を送る運送業者の指定がある場合は、指定された業者でないと送料を負担しなければならないことがあります。宅配買取を利用する際にはよく規約を読んで、納得した上で申し込むようにしましょう。